リビングが吹き抜けの住宅の間取り図

敷地の大きさ: 8M×16M 南道路
建物の規模:33坪4LDK 木造二階建て。

必要な部屋

1階

玄関ホール シューズクローク
階段室 
リビングダイニングキッチン 158条
洋室 6畳 クロゼット
洗面脱衣室 2畳
トイレ 1畳

2階

寝室 8畳 ウォークインクロゼット 3畳
洋室 5畳 2室 クロゼット
トイレ
バルコニーテラス
吹き抜け

間取りの要望

リビング部分を吹き抜けにしたい。
8畳くらい。
対面キッチンにしたい。
独立階段で2階へあがる。
1階の洋室は独立した部屋で北側でよい。
2階の洋室5畳は南側に配置したい。
駐車場は1台停められて臨時に1台横付けする。
坪数は33坪ぐらいにしたい。

吹き抜けは空調の上でデメリットがありそうですが
1.5階とか1M分だけ高くするだけで
十分天井は高く見えます。

カテゴリー: 間取り 人気,間取り 吹き抜け,間取り 33坪 | Tags: , ,

間取り 35坪
誰もが大好きな間取りといえば、収納の多い間取りです。
例えば、どのような収納が人気があるのかといえば、
シューズクロークが玄関ホールにあること、
そしてキッチンにはパントリー収納がバック収納以外にある。
洗面脱衣のそばにクロゼットがある。
家族で共有できる、衣装部屋、ファミリークロゼット。
リビング収納やウォークインクロゼットも人気です。
ロフト収納、小屋裏に収納を取り場合は
階段で行ける間取りが人気があるようです。
中庭や坪庭のある間取りやウッドデッキの庭
サンルームを作って部屋干しのできる部屋を作る。
バイクや自転車を入れる大きな土間の部屋を玄関わきに作る
書斎やピアノ室、家事室、オーディオルーム、シアタールーム
トレーニングルームのある家なんかもよいです。

間取り 人気の上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士事務所:これまで200棟の住宅の設計に携わる。ハウスメーカーの立ち上げ、パワービルダー、工務店の相談役など、住宅を中心に活動。全国規模での相談を受け、間取りデータバンクにて無料の間取りシュミレーション相談を行う。YOUTUBE間取りチャンネル発信中

カテゴリー