35坪4LDKの子供部屋を間仕切りしない間取り

間取り 4LDK 35坪 北玄関

子供部屋を新築当初は間仕切りしないという間取りが人気です。

参考の間取りでは二階の南に広いバルコニーがあり、
6.5畳の洋室が2室あって子供部屋を間仕切りしないで
13畳の大きな部屋にしてあります。

将来的には2室に仕切れるようにドアやクロゼットは
あらかじめ2か所設けられているプランになります。

ではなぜこのような間取りが人気なのでしょうか?

それは子供が成長して個室に入りたがるまで
10年から15年は空き部屋になる可能性があるからです。

それまで家の中で一番日当たりのよいスペースを
納戸のように使うよりは新築当初は
ほかの用途に利用したほうが良いはずです。

例えば当初は寝室をこの13畳の部屋にして
家族で川の字になって寝るというのもよく見られる光景です。

上の子供が部屋を欲しがったら間仕切りするか
もしくは寝室を使ってもらうという方法もあります。

しばらくは子供の遊び場としてつかう
セカンドリビングやプレイルームとしてつかう。

トレーニングルームとしてつかうこともできます。

いずれにせよ10年以上死に部屋にするよりは
大きな部屋を自由に使ったほうが楽しい生活ができるのです。

カテゴリー: 間取り 4LDK,間取り 人気,間取り 35坪 | Tags: , ,

誰もが大好きな間取りといえば、収納の多い間取りです。
例えば、どのような収納が人気があるのかといえば、
シューズクロークが玄関ホールにあること、
そしてキッチンにはパントリー収納がバック収納以外にある。
洗面脱衣のそばにクロゼットがある。
家族で共有できる、衣装部屋、ファミリークロゼット。
リビング収納やウォークインクロゼットも人気です。
ロフト収納、小屋裏に収納を取り場合は
階段で行ける間取りが人気があるようです。
中庭や坪庭のある間取りやウッドデッキの庭
サンルームを作って部屋干しのできる部屋を作る。
バイクや自転車を入れる大きな土間の部屋を玄関わきに作る
書斎やピアノ室、家事室、オーディオルーム、シアタールーム
トレーニングルームのある家なんかもよいです。

間取り 人気の上へ

最近の投稿

プロフィール

一級建築士事務所:これまで200棟の住宅の設計に携わる。ハウスメーカーの立ち上げ、パワービルダー、工務店の相談役など、住宅を中心に活動。全国規模での相談を受け、間取りデータバンクにて無料の間取りシュミレーション相談を行う。YOUTUBE間取りチャンネル発信中

カテゴリー

画像と記事の転載禁止

出典の記載に関わらず、画像・間取りの一切の転載を禁じます。