55坪5LDK家の中に広場の大階段がある住宅の間取り図

敷地の大きさ:14M×20M 東玄関
建物の規模:55坪 2階建て

必要な部屋:

1階

玄関ホール シューズクローク
和室 8畳 押入れ 床の間
リビングダイニングキッチン 20畳
パントリー収納 1.5畳
洗面室 2畳 脱衣室 2畳 浴室 2畳
トイレ 1.5畳
階段室 8畳
階段下収納(蔵収納)

2階

寝室 8畳 ウォークインクロゼット 4畳
学習コーナー 4畳
洋室 6畳 × 3室 クロゼット付き
書斎 2畳
トイレ 1畳
バルコニーテラス

間取りの要望:

リビングに面して大階段を作る
幅3.6Mで緩やかな演出階段
(広場にある様な階段)
階段をベンチのように腰かけてくつろぐ
(モンマルトルの丘)

階段下は蔵収納にしたい。

玄関には入り口が2か所あるシューズクローク土間収納。
玄関土間が広く玄関扉も両開きなど広くしたい。
和室は独立して玄関付近にほしい。

キッチンは収納を広くしたい。
キッチン脇にパントリー収納を配置する。

リビング収納が欲しい。

ダイニングは6人掛けのテーブルが置ける

洗面室と脱衣室は別のスペースにする。

トイレは広めにしてくつろげるようにする。
トイレのすぐそばに洗面台を配置する。

階段の踊り場に広い学習コーナー
リビングを見下ろす位置に配置する。

子供部屋の洋室から階段やリビングなど
家族の気配が感じられる間取り計画。

書斎は小さくても独立した部屋が欲しい。

家族構成: 夫婦 子供3人

33坪4LDKアイランドキッチンの平屋の住宅の間取り図

今回紹介するのは33坪4LDK のアイランドキッチンの平屋の間取りです。

このプランの特徴はリビングダイニングキッチンにアイランドキッチンがあります。
そしてキッチンのすぐそばにランドリースペース、物干しのスペースがあります。

こちらは洗面脱衣と浴室のそばにあるので浴室暖房機をつけるとか
あとは南に面していますので天日干しで乾かせる物干しの部屋も兼ねています。

キッチンに近いので家事動線がコンパクトになって使いやすい間取りになります。

部屋の方は4 LDK で寝室夫婦の寝室は8帖でウォークインクローゼットが3畳あります。

そして子供部屋の想定の洋室は5帖が2つあります。

こちらの部屋は一部屋にして後で仕切るといったふうにしてもいいかもしれません。

というのは子供部屋として個室を与えるのにちょっと時間がかかって
あまり使わない部屋になってしまう可能性があります。

そこで使える部屋にしようということであれば
大きく10畳ぐらいにして寝室に使うとか
あるいは他の遊び場に使うとか、趣味のスペースに使うなどができます。

和室の方はゲストルームの想定で趣味の部屋にするなど
多目的に使うイメージになっています。

和室を洋室にして使うことでも良いと思います。

玄関ホールには下足箱のカウンターと土間収納があります。

土間収納の方は三畳あるので広いスペースになります。
納戸的な使い方をしながら靴とかそういうものも入れていきます。

リビングに対してリビング収納があります。
こちらの方があることでリビングがいつも片付けられる感じになります。

例えば広いリビング収納をファミリークローゼット的に使って
学校から帰ってきてランドセルとか制服とか置く場所に使うたことでもいいと思います 。

LDK の方は明るく庭に出ることができる配置になっているので
吐き出しまではダイニングのところとかリビングの前についていて
明るく風通しの良い間取り入っています。

テレビを置く関係で和室の連続性はそんなにないですけれども
例えば目隠しをつけて和室をリビングに解放できるような作りにする
ということもできると思います。
アイランドキッチンを中心にどちら側にも通り抜けられるので
ぐるぐると回ることができます。

移動が非常に楽になるといった特徴があります。
また対面式をさらに使い勝手を広げてキッチンを囲みながら
談笑しながら何か作業するといったことも可能になってきます。

今回はアイランドキッチンの平屋の間取りの紹介でした。

41坪5LDK土間キッチンと家事室のつながる間取り図

敷地の大きさ 東道路 14M×20M
建物の規模 41坪 5LDK

必要な部屋

1階

玄関 シューズクローク
リビングダイニング 14畳
キッチン6畳
土間 家事室 6畳
洋室 6畳 + クロゼット1畳
洗面室 2畳
脱衣室 2畳 クロゼット1畳
浴室 2畳
トイレ 1畳

2階

寝室 8畳 ウォークインクロゼット 3畳
洋室 6畳 2室 
トイレ 1畳

間取りの要望

キッチンは土間にしてリビングから下がったレベル

土間に連続する家事室、主婦専用の部屋がある
玄関ホールから家事室経由でキッチンへいける

キッチンは対面式にする
アイランド形式でキッチンの周囲を回れる。

シューズクロークは土間とホールから出入りできる

リビングとダイニングは南側に配置して
リビングもダイニングも明るくする。

リビング階段で2階へあがる

1階の洋室はリビングから出入りする。

脱衣室にクロゼット収納を付ける

寝室と子供部屋は南側に窓を設ける

トイレのそばに手洗いを設ける。

洗面室と脱衣室は分けたい。

トイレは1階と2階の2箇所配置する。

家族構成 夫婦 子供2人

34坪4LDK屋根つきインナーバルコニーのある住宅の間取り図

敷地の大きさ:
8.5M×20M 北玄関

建物の規模:
34坪4LDK 木造二階建て

必要な部屋:

1階

洋室 8畳 ウォークインクロゼット 3畳
洋室 6畳 クロゼット 2室
玄関ホール
トイレ
物いれ

2階

リビングダイニングキッチン 18畳
和室 4.5畳 押入れ
洗面室 脱衣室 浴室
トイレ
インナーバルコニー(屋根付のテラス)

間取りの要望:

2階リビングの間取りで、南にバルコニーテラスを作る
バルコニーテラスは6畳以上でテーブルの置ける広さ

インナーバルコニーにして屋根をつける
テラスはウッドデッキ敷きにする。

リビングの天井を高くして南に高窓をつくる

水周りはキッチンのそばに設けて家事動線に配慮する

2階のリビングは階段室と引き戸で仕切る

和室はリビングに対して引き戸で開放する。

玄関には土間収納シューズクロークを作る。

キッチンは対面式でダイニングとリビングを見渡せる。

トイレは1階と2階に設ける。

駐車場は3台で道路側に並列駐車する。

家族構成:夫婦子供2人

38坪4LDK玄関の吹き抜けと地窓から光をいれる家の間取り図

今回は38坪4 LDK の玄関に吹き抜けのある二階建ての間取りです。

玄関ホールですね光を取り入れたり、
少し収納を増やしたりとかする方法について解説していきます。

間取りの方はごく一般的な広さで家の玄関が広いプランでありません。
土間が1.5畳ホールが1.5畳のそんなに大きくない標準的な大きさの玄関です。

そこに土間収納を1畳増やしていくことで
玄関収納が少しグレードアップされてきます。

一般的には壁付けのシューズボックスだけがつくという形になります。

カウンターの収納ボックスでもいいし、床から天井までの収納ボックスでも
コの字型でカウンターがありそれ以外は収納になるスペースでも良いと思います。

さらにコートや何でも入れられるクロゼット収納を廊下の方に配置していきます。

そしてシューズボックスの下に窓を設けています。
高さは20 CM か30センチぐらいで細長い横長の窓です。

床に近い窓をつけると足元だけ明るくするといったような雰囲気になります。

もちろんこれはカウンターのそばにして目の高さにつけてもいいです。

今回の場合は光を取り入れるために足元を照らす窓のほかに
上部の方から光を降り注ぐようにするといった風にしています。

玄関ホールはマンションだと光が入らないことも多いのですけれども
戸建ての住宅だと光を外部から取り入れることはできます。

戸建ての大きな特徴を生かして吹き抜けを作るなど
上から下から光を降り注ぐにするといった計画ができます。

そういうことが不可能であれば足元に間接照明や
シューズボックスの下に間接照明の工夫ができると思います。

間取りの方は LDK 18畳と和室は6畳あります。
押入れ付きでリビングの方に解放できるようになっています。

階段は独立階段で2階に上がります。

洗面脱衣室と浴室トイレがあってキッチンの方は対面式になって
バックカウンター収納も広くなっています。

2階の方は階段登って行くと納戸と子供部屋の想定の洋室が6畳の広さであります。

寝室は8畳でウォークインクローゼット4畳、
南の方にバルコニーがあり各部屋は
全室南向きで外に出れるようになっています。

玄関の吹き抜け部分ですがこちらは半分の高さの吹き抜けにして
上の方が納戸に使うといったことでもいいと思います。

光を取り入れるために上の方に高窓を取るために
天井を高くしたという狙いがあります。

今回は一般的な間取りの中に玄関を広くしたり
収納を少しでも増やしたりとかした間取りのでした。

印象的な吹き抜けと階段のある住宅の間取り図

今回紹介する間取りは36坪4 LDK の吹き抜けから各部屋に入っていくプランになります。
吹き抜けにはシースルー階段で印象的な階段で登って行くようになっています。

このプランで一番印象的なスペースが吹き抜けになります。

吹き抜けのスペースは16畳のスペースがあって
階段で登っていきながら廊下を渡って寝室に行くと
その途中2階の洋室5畳に入っていく廊下があります。

バルコニーのようにダイニングのスペースを見下ろす空間があります。

吹き抜けの方には天井から照明を吊るしてもいいし
壁面に照明をつけてもいいと思います。

一階からデザインの印象的な階段を上って上のスペースに上り
バルコニーのような廊下から上下階で話ができるスペースになるということです。

目線が上下で繋がっていくスペースというのはかなりの大空間を必要とするので
最小限16畳ぐらいのスペースを使って実現してるといった感じです。

イメージ的にはキッチンとダイニングに人がいて上を見上げる
意図して作らないとなかなか実現できない間取りになります。

2階の廊下から南の方に寝室と洋室が付いています。
寝室には4畳のウォークインクロケットがついています。

1階のリビングの前には4畳のデッキ庭があります。

ダイニングの方とリビングの方というのは別のスペースになりながら
緩やかに繋がっていくといった感じになります。

対面式キッチンからはダイニングとリビングが見渡せて
リビング越しにデッキ庭が見えるといった感じになります。

また、リビングとダイニングに接して和室6畳があります。

和室6畳は引き戸で LDK に開放して一体化していくことができます。

南側には縁側がついていて収納もたくさんあって広くなっています。

洗面脱衣室と浴室は南の方に配置されていて
庭の方に向かって浴室は窓が開放されるといった形になります。

トイレは1階に一箇所になります。

2階の方にトイレを作っても良いのですけど
その場合はこの寝室付近に作りながら寝室を縮めていくといった形になります。

今回のプランは1階にデッキ庭があって庭に出ていく形になるので
2階にはバルコニーは想定していません。

一番コストを集中してかけていくところは吹き抜けのスペースになります。

上を見上げながら各部屋の廊下を通って行く時に
視線が交わされるというこれを作るために
吹き抜け意図的に作っている風になります。

間取り 35坪
誰もが大好きな間取りといえば、収納の多い間取りです。
例えば、どのような収納が人気があるのかといえば、
シューズクロークが玄関ホールにあること、
そしてキッチンにはパントリー収納がバック収納以外にある。
洗面脱衣のそばにクロゼットがある。
家族で共有できる、衣装部屋、ファミリークロゼット。
リビング収納やウォークインクロゼットも人気です。
ロフト収納、小屋裏に収納を取り場合は
階段で行ける間取りが人気があるようです。
中庭や坪庭のある間取りやウッドデッキの庭
サンルームを作って部屋干しのできる部屋を作る。
バイクや自転車を入れる大きな土間の部屋を玄関わきに作る
書斎やピアノ室、家事室、オーディオルーム、シアタールーム
トレーニングルームのある家なんかもよいです。

最近の投稿

プロフィール

一級建築士事務所:これまで200棟の住宅の設計に携わる。ハウスメーカーの立ち上げ、パワービルダー、工務店の相談役など、住宅を中心に活動。全国規模での相談を受け、無料の間取りシュミレーション相談を行う。

カテゴリー

アーカイブ

PVアクセスランキング にほんブログ村

  • SEOブログパーツ